未分類

日本語教師が主婦に人気がある3つの理由

子育てもひと段落して何か仕事を始めたいと考えている主婦は多いですよね。私の周りにもいっぱいます。

だけど現実は不景気なので、そんなに簡単に仕事を見つけることはできません。

何か特別な資格を有していれば以前の職場に復帰できるケースもありますが、多くの場合は新たに仕事を探すことになります。

その際、自分に適している仕事が何なのか悩んでしまう主婦も多いですよね。長年家事や育児をしていると、自分に仕事ができるのか不安になってしまうのです。

実は主婦に適した仕事として注目されている職業があります。それは日本語教師です。そこで今回は、日本語教師がなぜ主婦に向いているのかを説明します。

日本語教師にとって1番大切なモノとは何か

【高卒者】は日本語教師と大卒を目指そう。
大手前大学(通信) 卒業しやすいオンライン大学。

【大卒者】は「日本語教育能力検定試験」最短で目指そう。
NAFL日本語教師養成プログラム 合格率66.3%(平均の2倍)

理由その1: 女性に向いている

日本語教師になって相手をするのは外国人です。不慣れな日本で言葉が分からず不安に感じている人達なのです。

そういった不安を解きほぐすためには朗らかな対応ができる必要があります。

ご近所付き合いの経験が多い主婦は、楽しく話すのが得意で社交性が抜群ですよね。

警戒や緊張をしている外国人を指導するのに、女性のきめ細やかな配慮できる性格はは非常に適した素養を持っているといえるのです。

国内での日本語教師の仕事内容ってどんなもの?

その2:家事・育児と両立しやすい

また、日本語教師はパートや非常勤といった時短で働くこともできるので、家事や育児と両立しやすいメリットもあります。

無理をせずに続けられるので、スキルを次第に上達させることも可能です。

そのためキャリアを積みながら、一生続けられる仕事として考えている主婦はいっぱいいます。

日本語教師のメリット・デメリット

その3:自分の世界を広げられる

さらに自分の世界を広げられるというメリットにも注目してください。家庭で家事に専念していると、どうしても自分の世界は狭くなってしまいます。

社会と断裂された状態なので、ご近所だけが社会との接点になるからです。

どんな仕事であれ、パートや非常勤を行えば、他の人たちとの接点ができるので世界を広げられますよね。

それだけでなく、この仕事は相手が外国人です。世界を広げるにはうってつけといえるでしょう。

本来は外国人と接したい場合は、お金を支払って海外に行ったり、英会話教室に通ったりする必要があります。

お金を稼ぎながら外国人と接することができるので、自分の世界を広げたい人には非常にお得です!

こんな職業も主婦に人気。在宅学習のみで取得できる国家資格の図書館司書、女性に人気の保育士。穴場なのがプログラマー&WEBデザイナー、在宅で好きな時間に働ける&高時給。

【高卒者】は日本語教師と大卒を目指そう。
大手前大学(通信) 卒業しやすいオンライン大学。

【大卒者】は「日本語教育能力検定試験」最短で目指そう。
NAFL日本語教師養成プログラム 合格率66.3%(平均の2倍)