未分類

日本語教師のキャリアの積み方

このページでは、日本語教師のキャリアの積み方についてご説明します。

【高卒者】は日本語教師と大卒を目指そう。
大手前大学(通信) 卒業しやすいオンライン大学。

【大卒者】は「日本語教育能力検定試験」最短で目指そう。
NAFL日本語教師養成プログラム 合格率66.3%(平均の2倍)

日本語教師とは

母国語が日本語ではない外国人に対して日本語を教える立場が日本語教師です。つまり、日本語について全く理解していない外国人に対して外国語として教える事になります。

具体的には文法や発音の方法、会話の読んだり書くといったことを教えるのですが、単に教えていれば活躍できるのではなく合わせて歴史や文化、生活習慣といった点についても教えてあげなければなりません。

日本語教育能力検定試験

まずはボランティア

日本語教師として活躍するためには国家試験などを取得しなくても良いので、国内や国外で個人活動やボランティアという形式で、日本語教師のキャリアを積んでいく方法が好ましいです。

日本語教師として就職するためには

しかし、今後国内の民間企業などが運営を行っている学校で働きたいという希望があるのなら、条件が掲げられている事が多いことを理解しておきましょう。

まず、4年制の大学にて日本語の教育に関係する講義を専攻し卒業していなければなりません。 次に、関係機関が実施している試験に合格し、講座を420時間終えている必要もあります。

このように、民間企業が運営している学校で活躍するためにはハードルが高い事実を覚えておきましょう。

今後需要が伸びる国は?

柔軟な対応も大事!

日本語教師としてキャリアを積んでいくためには、常に考えておくべき事案があります。 それは学ぶ方々の国籍や文化、言語は多岐にわたり同期や目標、目的も異なるという事です。

つまり、日本語教師というのは個々により違う文化を正しく受け入れて、相手の様子に応じて柔軟に対応しなければなりません。

当然、一筋縄ではいかない事例の方が多いのですが、決して挫折することなく地道に根気強く対応できる人柄や能力が重視されます。

まとめ

こういった点から理解できるように、日本語教師としてキャリアを積んでいくのなら、日本語の能力が長けていれば活躍可能であるとは、決して言えません。
そうではないのです。

国際情勢や経済情勢、歴史なども日頃から目を向けておき、常に新しい情報を捉え続ける事が必要です。 不安な気持ちが大きな時は、日本で個人活動でキャリアを積み外国に目を向けてみましょう。

【高卒者】は日本語教師と大卒を目指そう。
大手前大学(通信) 卒業しやすいオンライン大学。

【大卒者】は「日本語教育能力検定試験」最短で目指そう。
NAFL日本語教師養成プログラム 合格率66.3%(平均の2倍)